日本人の死因で最も多いのはがんだ。部位別の死因では、現在は肺がんが最多だが、1980年代までは胃がんがトップだった。胃がんでの死亡率が近年減少傾向にあるのには、検診の普及や外科手術の手技の向上が影響しているが、ピロリ菌という細菌が胃がんの発症リスクだと分かってきたことも大きい。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。