中国のドローン産業の成長が目覚ましい。軍事用を含まない民生用ドローンでは、中国が金額で260億元(約4400億円)、台数で世界の9割以上を生産している(軍事用では米国が圧倒)。中でも深圳市大疆創新科技(DJI)が、消費者用ドローンで世界の7割を占めており、ドローン産業をけん引している。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。