山之内製薬と藤沢薬品工業が合併して2005年に誕生したアステラス製薬。純利益で武田薬品工業を抜いて業界1位になってから数年を経たが、主力製品の特許が切れて業績が急落する「パテントクリフ」が迫り、藤沢出身の畑中好彦社長CEO(60歳。写真)の交代時期に注目が集まる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。