測定器が示した血糖値は200mg/デシリットル。不動産大手である三菱地所の井上成街ブランド推進部担当部長は自らの数値にショックを隠せなかった。「これはまずい」──。東京駅周辺の丸の内エリア一帯で多くのビルを保有する同社は、「丸の内の大家」と呼ばれる。街全体を健康にする活動に取り組む中、北里大学北里研究所病院の山田悟糖尿病センター長を招いて勉強会を開いた。食後高血糖(血糖値スパイク)について学ぶため、井上担当部長らスタッフたちが糖質を制限した食事、または糖質の多いおにぎり2個を食べた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。