米国では、経済学の手法を用いてデータ分析から因果関係を導き、その結果がビジネス戦略や政策決定に使われ始めている。一方、日本では小学校から大学までの教育でデータ分析が扱われることはまれであり、実務家でもデータ分析の考え方に触れられる機会は少ない。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。