金融や財政の分野では、根拠やデータを基に議論することが定着していても、教育や健康のように身近な分野では、自分や友人の経験談を基に議論する人が多い。教育や健康に関する「経験談」に基づく議論の中で陥りやすい誤りが、相関関係しかないものを因果関係があるかのように解釈してしまうことだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。