社会保障費の高騰を背景に2016年末から約1年間議論されてきた「薬価制度の抜本改革」に一定の結論が出たことで、18年以降、後発品(ジェネリック)メーカー、特許切れの先発品(長期収載品)に依存するメーカーを中心に、製薬業界では淘汰、再編が進む。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。