人工知能(AI)が高度化すれば、モーターがもうかる──。日本電産の永守重信会長兼社長の鼻息は荒い。1973年に京都市内の自宅で創業した会社の売上高は、2020年度に2兆円に達する勢い。30年度の「10兆円企業」に向けて、電気自動車(EV)やロボットの技術革新が、事業拡大のトリガーになるとみる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。