大阪・ミナミのターミナル駅、難波駅に店を構える高島屋大阪店。連日、開店時間の午前10時前に、入り口には中華系を中心としたインバウンドの買い物客30人ほどが列を作る。お目当ての商品は「分からない。開店して初めて分かる」(西辻正美副店長)。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。