業界が依存してきた、「本体を安く売って消耗品でもうける」ビジネスモデルそのものが、顧客ニーズと乖離し、顧客が複写機を使いにくい状況を生み出している、と考えるべきです。かつてビジネスモデルのお手本とされていた消耗品ビジネスは、時代と共に転換点に差し掛かっている。変えていかねばなりません。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。