NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクの寡占が続く通信業界。2017年は「格安スマホ」で利用者を増やすMVNO(仮想移動体通信事業者)対策に違いが生じた年だったが、18年は通信事業へ殴り込みをかける楽天への対抗策に注目が集まる。「MVNOへの流出が減り、解約率の低減傾向が見られた」

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。