高額所得層の給与所得控除や配偶者控除が段階的に減らされるなど増税感が漂う一方、法人税を減らすなど「個人に厳しく法人に甘い」スタンスを取る政府。さらに、法の網をかいくぐるような節税術はあらゆる手で封じ込められつつあるが、そうした中でもまだ有効とされる節税術は存在する。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。