栃木県内の宿泊施設に身を寄せている多数の被災者の状況と、今後の方針についての長時間に及ぶ会議がようやく終わった。震災が発生した直後は、困った時はお互い様という精神から、栃木県内のホテルや旅館の多くが、被災者を受け入れた。しかも、宿泊だけでなく、食事まで無料提供した。だが、震災発生から一ケ月余りが経過し、県旅館組合として、今後の方針を決める必要が出てきたのだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。