映画化を夢想させる想像喚起力豊かな3冊を紹介しよう。まず実際の映画も好評な『ドリーム』は、上映期間だけで読み捨てられてしまうにはもったいない良質の原案作。戦中から戦後にかけてNASAとその前身機関で働いた優秀な黒人女性計算手を追った本書は、これまで私たちが「アポロ計画」と聞いて連想してきた白人男性ばかりの制御室のイメージを覆す。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。