日本人は温泉が大好きだ。温泉に泊まりに行く人の数は、年間で1億3000万人を超える。しかも、2011年度からV字回復しているのだ。復活の原因は幾つかある。破綻した旅館などを買収して再生させる事業者の活躍、個性的な旅館の存在、鉄道などインフラの充実、外国人観光客の増加などだ。一時は窮地に陥った全国の温泉地も明るさを取り戻しつつある。今、温泉街を歩いてみれば、きっとそこには数年前とは違う景色が広がっているはずだ。その様子を伝えるべく、記者が全国を歩いて取材した。読めばきっと、温泉に行きたくなるはず。さあ、ほっこり経済圏をのぞいてみよう!

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。