2007年、杉乃井ホテルを所有するオリックス不動産との契約で、運営会社の加森観光に経営アドバイスを行うコンサルタントとして当初は来たのですが、当時の客室稼働率は68%。さらに08年、加森観光が運営権をオリックスに売却した直後に襲ったリーマンショックで、同年度は58%にまで落ち込んだのです。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。