2017年のシーズンを締めくくる第43回社会人野球日本選手権大会は11月12日に決勝が行われ、トヨタ自動車が3対1で日本生命を下し、3年ぶり5回目の優勝を果たした。昨年の都市対抗で初優勝し、連覇を目指したトヨタ自動車は、3月の第72回東京スポニチ大会で優勝。その原動力は、最高殊勲選手賞を手にした佐竹功年だ。主将でエース、日本代表でも主力と社会人を代表する存在だが、今年で34歳のベテランでもある。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。