10兆円の貸し出しをしている横浜銀行が、これを契機に今後は旅館・ホテル向け融資を1兆円、2兆円と増やしていこう、という類いの取り組みではありません。地方創生という大きな枠組みの中で考え、地域全体が持続・活性化する中で、さまざまな取引が減らない、広がるということを期待してのものです。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。