ティーアップして打つドライバーはまだしも、アイアンショットになると、球が高く上がらず、ロフト角なりの飛距離が出ない。このような症状に悩んでいませんか。これを解決するには、まずアドレス時に、フェースの向きをチェックしましょう。目標に対して真っすぐセットしているつもりでも、実際はかぶっている(左を向いている)人がいます。最初からロフト角が立ち過ぎているから、球が上がらないのです。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。