新神戸の新幹線ホームで私が山中伸弥先生にご挨拶したのは、故平尾誠二氏の「感謝の集い」の直後だった。この会で山中先生は弔辞を述べられた。ノーベル生理・医学賞を受賞した山中先生は神戸大学医学部時代、実はラグビーの選手だった。そのキャリアもあって、平尾氏とは対談が縁で親交を深めていた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。