細川護煕内閣や小渕恵三内閣で私が経済政策の立案に携わっていた1990年代というのは、米国が音頭を取って金融の自由化を推し進めていた時代。日本はバブルが崩壊する中で何とか活路を見いだそうと、自らその流れに乗りました。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。