1990年代末に日本の自殺者が急増し、3万人を超えた。銀行が自らの都合を優先し、「貸し渋り・貸し剥がし」を実行、追い詰められた中小零細企業の経営者などが、自ら命を絶ったのだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。