今年6月末、東京電力ホールディングスは川村隆・日立製作所相談役を会長に迎え、新体制を発足させた。早速、川村会長は“日立流”の経営スタイルを東電に持ち込み改革を断行しようとしているが、新体制の眼前には、次々と難題が立ちはだかっている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。