群雄割拠、いや群“集”割拠というべきか。外食産業は、25兆円もの規模がありながら、大企業と呼ばれるチェーンはほんの一握りしか存在しない。上位10社の売り上げを合計しても、市場の1割程度にしかならないのだ。中小企業から個人経営の街のレストランまで競合があまねく存在し、よく言えば裾野の広い業界だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。