明治・大正年間にワインやウイスキーの国産化という難事業に挑んだ起業家、鳥井信治郎の生涯を克明に描いたのが『琥珀の夢 小説 鳥井信治郎』だ。ウイスキー事業に挑戦する過程でいったんは断念したビール事業への夢は、現在まで引き継がれている。題名の琥珀はビールの色を象徴するものだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。