最近、語彙やメール表現などの関連本がよく売れていますが、『校閲記者の目』はちょっと毛色が違います。書き言葉における間違いと、「毎日新聞」の校閲記者たちによるその見抜き方が紹介されています。「あるある」の間違いから、「知らなかった……」の正しい使い方まで日本語の奥深さに驚かされます。同時に、「間違い許すまじ」と校閲に憑かれた人々の静かな情熱が伝わってきます。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。