串カツはまだまだ需要も少ない。僕らが需要を掘り起こしながら出店している状況です。だって、猛烈に「串カツが食べたい!」ってなることそんなにありますか? 串カツが食べたいお客さまだけでなく、「串カツ田中」の看板が目に留まって、「あ、ここでいいじゃん」と思うお客さまを増やすことも大事です。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。