8月17日、米ワシントン州とルイジアナ州に設置されている2基の重力波望遠鏡LIGOで、またもや重力波が検出された。2週間前に運用が始まったばかりのイタリアの重力波望遠鏡Virgoも同時に重力波を受信した。この3カ所の重力波受信データを組み合わせることで、発信源は図1の天空図の緑の矢印の方向にあることが分かった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。