私事で恐縮ですが、11月にミステリー小説仕立てのマーケティング本を刊行します。その創作過程で思いを新たにしたのが、「コンテンツ主義の時代の到来」でした。真面目な商品を創造する力は、事業創造力と言い換えてもよく、これは書店の経営においても全てのスタッフに求められていると思います。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。