公立では教える内容がガチガチの枠にはめられており、余計なことは一切できない上、すべての生徒に平等に接することが求められる。対する私立では、個々の生徒に合わせた勉強や生活指導を行ったり、昼休みや放課後を利用して補習を行うなど、手厚く指導したりすることも可能だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。