「自然は無駄なことはしない。もっと少しで済むのに多過ぎるのは無駄である。自然は単純を好み、余計な原因でいたずらに飾り立てるのを好まないからだ」(アイザック・ニュートン『プリンキピア』)。自然界には美しい形が満ち溢れている。天体、雪の結晶、水滴、波紋、ハチの巣など、全く異なる材料、サイズ、形成過程であるにもかかわらず、いずれにおいても対称性が高く調和の取れた幾何学的な模様を生み出す自然の造形技には感嘆する。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。