基本的には国民の生活の役に立つ医薬品であれば賛成。ただ誤った使い方、目的外使用などが起こるようなものは慎重に。やはり対面販売をしないと、安全性を担保できないものも当然ある。個別に考えます。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。