働きやすい職場として知られる米グーグル。かつて従業員の採用には、16~25回の面接を行っていたという。しかし、5回目以降の面接は採用の精度に1%しか影響を与えないことを統計的に発見する。その後の面接は4回とし、採用に費やす日数は大幅に短縮された。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。