100馬力で36時間持続運転でき、重さ60貫(225キログラム)以下。体積エネルギー密度はガソリンなどの液体燃料に匹敵し、飛行機の動力源にもなり得る──。そんなトンデモナイ超高性能な蓄電池を100年も前に夢見た男がいた。トヨタグループ創始者の豊田佐吉氏である。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。