迷走を続けた三井化学に大きな転機が訪れたのは、2014年2月6日の「臨時経営概況説明会」だった。登壇した田中稔一社長(当時)が説明を終えると、会場ではスタンディングオベーションが起きた。アナリストたちは、立ち上がって拍手を送ることで田中社長の決断に最大限の賛辞を送ったのだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。