1997年10月に旧三井石油化学工業と旧三井東圧化学が合併して三井化学が誕生してから20年。その源流は、旧三井鉱山の石炭化学事業にある。実質的に、創業105年目を迎えた老舗メーカーは、2000年代の初頭に経営の迷走が続いた。ところが、業績が好転してからの三井化学は、大胆不敵な体質転換に乗り出す。本当に変われるのか。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。