2015年9月6日、日本選手権北信越最終予選の代表決定戦で、伏木海陸運送を5対4で下したフェデックスは、創部18年目で初めて全国への切符を手にした。社員によってクラブチームとして設立され、01年に企業チームに登録変更。だが、あくまで休日における活動で、実態はクラブチームのまま。野球部への入部を前提とした新卒採用が難しくなると、チームの将来像も見えなくなる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。