中学校の理科の勉強は、何のためだったのか。受験のため? いや、違う。中学理科で学んだことが、社会のいろんなところで応用され、役に立っている。生きていくために必要な知識だからである。あなたの街でも、そんな活用例を発見できる。上写真のような、電信柱に対して斜めに付けられたケーブルを見掛けたことはないだろうか。下が黄色のプラスチックで覆われたものだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。