韓国サムスングループの事実上のトップ、李在鎔(イ・ジェヨン)・サムスン電子副会長(49歳。写真)に贈賄などの罪状で懲役5年の有罪判決が下った。李副会長は父親の李健煕(イ・ゴンヒ)会長が倒れた2014年以来、グループを実質的に率いてきた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。