狭いホールのティーショットは、飛距離よりも方向性を優先し、いかに真っすぐ打てるかが勝負です。フェアウエーのサイドにOBや池などがあるときはなおさらで、プレーヤーのゴルフIQが問われる場面です。パー4で距離が比較的短ければ、ドライバー(1W)を持つ必要はありません。1Wで真っすぐ打つのは難易度が一番高く、私たちプロでも、ミスショットが出やすいクラブだからです。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。