「やろうと思えばいつでもやれる」。自民党幹事長の二階俊博はここにきて周辺にこう漏らしている。言うまでもなく衆院解散総選挙のことだ。きっかけを与えたのは民進党の元政調会長、山尾志桜里の離党劇。前原誠司が代表に就任したばかりの民進党はいきなり出ばなをくじかれ迷走が始まった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。