あまり知られていないが、グローバルの運用規模5180億ドル(約57兆円)を誇り、ノーベル経済学賞の受賞者が幾人もアドバイザーに名を連ねる、ディメンショナルという米国の投資運用会社がある。このほど、日本法人のトップを務めるジョン・R・アルカイヤCEO(最高経営責任者)と、同社の存在に注目してきた一橋大学大学院の楠木建教授に、日本の運用業界の問題点や「投資」普及への戦略を語ってもらった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。