「自然科学」を辞書で引いてみると、「自然現象に対して、観測や実験によって得たデータから帰納的に法則を見出だす学問」とある。数学はこの意味では自然科学ではない。数学は演繹的に論理によって真理を見出す学問だ。自然科学とは逆の方向から人間の知識の境界を押し広げることに貢献している。一方、自然科学との関係においての数学の大切な役割は、科学が法則を見出すために必要な言葉(概念)や手法を提供することにある。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。