「ホップ、ステップ、肉離れ」。旧民主党が政権を取る前のこと。後に首相になる野田佳彦が吐いた“迷言”を思い出す。政権に手が届くところまで行きながら些細なことが原因で何度も取り逃がしてきた民主党の体質を、自嘲を込めてこう語った。その体質は民進党になっても変わっていなかった。民進党のベテラン秘書の嘆きは止まらない。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。