2015年に相続税制が改正され、基礎控除額が引き下げられた。法定相続人が3人の場合、基礎控除額は、従来の8000万円から4800万円になった。この結果、死亡者数に対する相続税課税件数の割合が15年には8.0%となった。長年4%台で、14年は4.4%だったので、急激に上昇したことになる。都内では7%前後で推移していたのが12.7%となった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。