賃貸アパート大手のレオパレス21が8月29日、アパートオーナー29人による集団訴訟に見舞われた。同社はアパート建築を地方の地主に提案し、その地主がオーナーとなった物件を一括借り上げして30年間家賃収入を保証する「サブリース契約」を武器に、建築請負で成長してきた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。