「IT業界の寵児」と呼ばれながら、2010年にUSENの社長を辞任した宇野康秀氏。 現在は、かつて手がけた動画配信事業をUSENから譲り受け、育成に力を注いでいるという。久々にメディアに登場した宇野氏が、これまでの思いの丈を語った。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。