決算書の中でも、最もシンプルで理解しやすいのが、利益だ。利益とは、売上高から人件費や原価、税金などを引いたもうけのこと。売上高と同じく損益計算書(PL)に掲載されている。経済のニュースを見ると、売上高と同時に紹介されるのが利益だから、とても重要だ。利益が残らなければ、銀行からの借入金を返済したり、次の商品のための開発資金を得たりできないからだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。