企業の財務を無理やり“人”に例えてみよう。「あの人は年収2000万円もある」という場合に、年収を企業の売上高と捉えてみる。人もうらやむ高年収だが、実は「住宅ローンなどの借金が山ほどあって、年収がいくらあっても足りない」と聞いたら、その人を見る目も変わってくるはずだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。