ギリシャの再選挙も終わり若干の安堵感があるものの、ユーロ問題の最終的な出口はなかなか見えてこない。米国の景気減速懸念に加えて、中国、インド、ブラジルなど主要新興国の経済成長に陰りが見えていることも、市場マインドの悪化の要因になっている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。